本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。



会社案内


環境保全

ISO14001認証証書 ISO14001認証証書

海はわたしたちの活動のステージです。そして、海は人類に多くの恩恵を与えてくれます。船舶はエネルギー効率に優れた環境にやさしい輸送モードではありますが、地球環境への感心が高まるなか、外航海運を中核とした総合物流事業を展開する上で、地球を守り、限りある資源の有効利用とそのリサイクルを最大限にすることが求められています。多くの船舶を世界各地で運航する当社は、事業活動から生じる環境負荷を認識し、低減に向けて海陸ともに日々努力しています。美しく豊かな人類の生まれ故郷を慈しみ、守ってゆくこと、それは企業が果たすべき社会的責任であると同時に21世紀を生きるわたしたちに与えられた重要な宿題のひとつなのです。

当社グループでは、長年にわたり「安全運航」と「環境保全」を経営の重要方針として積極的に取り組んでおり、その姿勢をグループ内外へ周知するために、2001年5月に「川崎汽船グループ環境憲章」を制定しました。

(2012年8月改正)

【川崎汽船グループ環境憲章】

基本理念

 

川崎汽船グループは、環境問題への取り組みを人類共通の課題であると認識し、企業の存在と活動に必須の要件としてグループ事業活動における環境負荷の低減のために主体的に行動し、持続可能な社会の実現に貢献します。

 

 

行動指針

 

1. 環境保全を実現するための環境目的および目標を設定し、事業活動における環境負荷の低減の継続的な改善を行います。また環境に関連する条約・法令および川崎汽船グループが同意する指針・自主基準を遵守します。

 

2. 船舶の安全運航を徹底することにより地球・海洋環境の保全に努めると共に、これを実現するための組織・体制を整備します。

 

3. 温室効果ガスの排出量削減と大気汚染の防止を図るため、最新の省エネ設備や最適な運航のための機器の研究・開発・導入を推進し、船舶のエネルギー効率、運航効率の改善を図ります。

 

4. バラスト水の移動や船体付着生物による生態系への影響を認識し、生物多様性の保全に努めます。

 

5. 3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進し、シップリサイクルによる資源の有効利用を図るなど、循環型社会の形成に努めます。

 

6. 川崎汽船グループとして環境保全に向けた社会貢献活動を支援し、それに参画します。

 

7. 川崎汽船グループ構成員の環境保全の意識・理解を高めるため教育・訓練を行います。

 

2012年8月改正




ページの終わりです。